会社案内

沿革

2008年 4月 信州富士電機鰍謔闢ニ立
2008年 5月 HDDの FW 変更事業開始
2008年10月 DLT(Digital Linear Tape Drive)
修理事業開始
2008年11月 海外製HDD販売事業開始
2008年11月 技術・営業本部を新設 富士通外Bに依る技術を生かした組織
2009年 3月 事業拡大を視野にいれ SAS/FC/SCSIテスタ導入
三映電子製:TU-MIF-W21
2009年 3月 資本金300万円に増資
2009年 6月 LTO(Linear Tape Open)
スクリーニング事業開始
2009年 8月 開発課を新設し新バリエーション SATA→SCSI変換を開発
2009年11月 SATAコマンドモニターバストレーサー導入
2010年 2月 JR上田駅新幹線ホーム看板設置
2010年 2月 LTO (Linear Tape Open)
修理技術取得シンガポールに2名実習
2010年 4月 資本金1000万円に増資
2010年 5月 SATA→SCSI変換販売開始
2011年 11月 日本クアンタムストレージ且ミ製品の販売開始
2011年 3月 リファービッシュ(再生)HDDの販売開始
2011年 4月 業務拡張にともないサービスセンターを富士山ヤードに移設
2012年 4月 顧客資産保管事業開始
2012年 9月 新品HDD輸出販売台数 13万台突破(2010年4月〜)
2012年12月 HDDを始めとするストレージ機器の廃却部品のリサイクル化開始
                                                                  (1,156台)
リサイクル業者2社とタイアップ
2013年 7月 首都圏営業課 新設
2014年 6月 LCDパネル(枯渇品・調達困難品)の供給ビジネス開始
2015年 6月 PC保守部品供給ビジネス開始(枯渇品)
2016年 3月 LCDモジュール取り扱い品の品質向上を目的にLCDモジュール試験機導入
2016年10月 資本金1200万円に増資
2016年10月 HDDデータ消去(物理破壊)ビジネス開始
2017年7月  事業拡大し首都圏顧客のサービス向上を目的に『東京事業所』を
  東京都青梅市に設置