閑話休題 ベレット編(安曇野Tさんのベレット)

ベレット編 安曇野 Tさんのベレット特集です。♪♪ 

           
☆  2013年4月6日Tさんベレ取りあえず完結です。   
旧車オーナーの皆様、ここ最近週末は天気が悪く花見を逃した方も多いかな?
信州上田は来週が見頃でしょうか。
でもって前回の続き信州安曇野Tさんベレですが43年の歳月を経ておりますので
1オーナー車以外は仲間と、生き字引がおりませんと維持継続は大変ですね。
 
 
でもって本日はメッシュホース交換のついでに
ブレーキパット交換
これはDspeed製117クーペ用をチョイスしました。
前回のご説明通りTさんベレは117のキャリパーが付いております。
これがピッチ1.0のフレアタイプです。
本来ベレはピッチ1.25のコンベックスタイプなので
専用メッシュホースを。
 
 
ご覧の通り117用をナックルごとスワップしております。
ちょっと汚いので
小生も噂のSさん同様、光り物愛好会ですので
他人のキャリパーもご覧の通りホホホホ〜
 
 
付いているパットは純正みたいです。 DspeedG1タイプへ交換。  
 
いい感じですね。
後は、エア抜きをしてブレーキし完了。
次に、何故かラック&ピニオンの取付ボルトにワイヤーロックがされておりません???  
 
これは非常にまずいのでワイヤーロックをしましょう。
ステンレス製針金が良いですね。
一安心???マウントゴムが変??
エンジンをリフトUPして外しました。
左がTさんのエンジンマウントです。
交換しましょう。
 
 
エンジン宙づり状態にして。 交換完了。
最後にラジエーターキャップ&リザーバーキャップを交換します。
 
 
   

  
☆ 2013年4月1日昨日のTさんRの続きです。   
本日は、本業の方は新年度ですので会社で軽く挨拶(一応経営者ですので)を済ませて秘密基地へ
でもって今日はブレーキのメッシュホース化とリアサス交換です。
 
 
ジャッキUPして。 先ずはフロントから????キャリパーがベレ用で無い。  
 
左がベレGR純正、明らかに別物。 当然ホースも別物で因みに10×1.0のフレアタイプ。
117用で合いそうですが、現物をスポーツカーサービスさんに送ります。
気持ちよく特注OKとの事です。
 
 
リア部分は完了。 続いてリアサス交換作業。  
 
解りますか?金属疲労?折れてます。 でもってRの純正品と交換。
この色を見て解る人は解りますね。後はメッシュホース待ちです。
 
 
   

  
☆ 2013年3月31日シーズン到来! 
旧車オーナーの皆様、ここ信州上田は来週あたりが桜開花かと
でもって旧車シーズンに先駆けて本日より信州安曇野のTさんのRがドック入りです。
今回は、リアサス交換・スタビ交換・ブレーキホースをメッシュ化・牽引フック取付等々約1週間の入院?です。
 
 
自作牽引フック。 スポーツカーサービスさんから発売されているメッシュホース。  これはお奨めです。  
 
○ーグルさんの中空スタビ。(Tさん持ち込み) これもお奨めRUN・MAXの耐熱チューブ瞬間耐火
1650度OK
でもってベレのオルタ配線を守ります。
 
 
何時もの通り各ボルト類は可能な限り交換します。 本日はスタビ・牽引フック取付完了。
明日以降メッシュホース、サス交換を着手です。
 
 
   

  
☆ 2012年12月5日完成。 
信州安曇野TさんのベレGRの完成です。
今日はオイル漏れ・バッテリー交換・デスビ配線修理・チョークワイヤー等。
今回で殆ど問題部分は治しました。後は、エンジンマウント交換くらいでしょうか?
ほんでもってTさん曰くブレーキが引きずる様な音が
するとの事。
外してみると微妙にシューの当たっていない部分が
腐食?の様。
この様にサンダーで磨いて完了。
   

       
☆ 2012年11月30日オイルゲージ修理  
本日も、仕事の合間に信州安曇野のTさんのベレいじりです。
今日は、何故かオイルゲージとブローバイのオイルパンへの接続が逆なので治しましょう。
これが結構大変で・・・キャブを外さないと・・・ついでに色々診断しましょう。
先ずは。補記類を外します。 ご覧の様にキャブも外します。
ついでにヘッドボルトの増し締めも行います。
Tさんベレ1750CC仕様で、トモエのピストンを使用しておりますので11`で。
ほんでもってこれが問題?の逆付けレベルゲージ。
ホースも硬化しておりますのでキノクニのブレーキオイル用ホースに交換しましょう。
右がレベルゲージとキノクニエンタープライズの
優れものホースです。
左が付いていたホース(カッチカッチやで)
この様に、元の位置に戻してあげて、上の画像で不自然なのが解りますね。
今回は、ホッシュのオイルフィルターを付けました。
(やっぱ赤はFFDカラーです。)
祝!完成です。
来週は、ブレーキシューを確認してから納車で〜す。
   

  
☆ 2012年11月29日電装系修理完了。  
旧車オーナーの皆様、一昨日フィリピンより帰国(本業)し昨日横浜出張で今朝帰還しました。
ほんでもって今年も約一ヶ月となりましたので年内納車予定の信州安曇野Tさんのベレを完成させなければ(^_^;)
先ずは、オーディオ取付&配線を整理して。 依頼されていた、ETC・ハザードライト・時計等の修理完了。
ここから取付作業実施です。
コンソール周辺の配線は全て引き直しました。
スッキリ
エンジンルームもご覧の通りスッキリしました。
ICオルタネーターも正常に作動しております。 最後に、コイト製のライト・リレーを取り付けて完了です。週末は、オイルゲージ・ブレーキを修理して完成です。
   

☆ 2012年11月24日〜ベレGRドック入り  
  
本日より、安曇野のTさんのベレGRがドック入りです。
今回は、ICオルタ&ライト交換、Tさん曰くHIDの明るさは嫌いなのでハロゲン+リレー取付のリクエストです。
しかし、ハロゲンライトはシビエ・小糸製は今でも市販されてますが流石にHIDがメジャーな為、リレーは色々探した結果小糸製作所のみ市販でした。
その他、何故かオイルパンへのオイルゲージとブローバイの取り回しが逆に取り付いている為、次いでに直します。
先ずは、ICオルタ&ヘッドライト等を交換する前に不自然?な配線を直します。
ご覧の様に手前右がボルテージレギュレターで左がライトリレーですが、これが曲者で正規のライトの配線を途中から切断して取り付けてます。
しかもシールドビームなのに?
また、スイッチの配線も変?
ライトスイッチをONしてもスモール球が付かず?
フォグランプスイッチONでフォグ&スモールON?
どうなってるの〜
こうなるとトレーサビリティーですね。
全て配線をオープンにします。
この後原因?が判明!ライトスイッチが壊れた為、
自己流に配線を引き直したようで・・・酷すぎです。
因みに、原因を見つけるのにここまで解体しました。
トホホ
この様に左右切断&半田付けしていた配線を元通りになおします。
解りますか?ここまでスッキリしました。 不要になった配線とリレー類です。
80AのICオルタ取付ました。
今日はここまで、次回続きをUPします。
   

  
☆ 2012年9月26日〜安曇野TさんベレGRドック入りその3 
旧車をこよなく愛する元少年の皆様、今週は安曇野Tさんの友人所有未済製型117クーペを拝見して非常に魅力を感じました。
でもって本題に入りますが皆さん自分の旧車が一番と当然思っていると存じます。
しかし、本来の姿・本来付いているはずのパーツ等が違う場合が有ります。
それは色々な歴史が有ると・・・部品が無くて代替品を使ったとか、意図的に換えたとか・・・
新車から乗っている旧車オーナーならともかく、複数オーナーから譲り受けた旧車はじっくり観察する必要があると存じます。
今回の信州安曇野Tさん所有ベレGRにつきましては、小生に一任させて頂いておりますので本音で公開致します。
ほんでもって今日はスポーツカーサービスさんから発売されたプロペラシャフト用ブッシュ取付・ショック交換・センターリンクブッシュ交換を致します。
 

 
先ずは、プロペラシャフト用ブッシュを取り付けます。。 その前に???フロペラシャフトのボルト&ナットにワッシャが入ってません。
そのためご覧の様にネジ山が潰れております。最悪な仕事をしてますね。
 
 
またまた右側の小生のスペアパーツを使いましょう。 ここからロックピンを外して中の部分を取り替えます。  
 
40年以上前の樹脂はご覧の様に・・・・
何なの??って感じです。
これを時間を掛けて綺麗に取り除きます。
綺麗に除去しないとブッシュが入りません。 
 
   
優れ物スポーツカーサービスさんのプロペラシャフト用ブッシュ。 ここまで除去してから組み立てます。
A型の仕事?です。
 
 
先ずはブッシュを入れて グリスを一杯入れてボールを入れ  
 
ゴムカバーをして 組み立て後は、現車に取り付けて完了です。  
   
次にショックアブソーバー&当社オリジナルブッシュ取付です。 今回は、安価なモンローにしましょう。  
 
付いていたリアショックはご覧の様に座金が左右枚数が違います。
フロントはトヨタ車用のショックが・・・合えば良いと言う物では有りません。
減衰力も違うし現に、下の取付ボルトはサスに接触してました。
センターリンクのブッシュの位置も違いますし、ご覧の様に取付部分が変形してますね。
ハンマー出陣!!
 
 
変形部分を直して本来の位置にウレタンブッシュを入れます。
ついでにボルトはステンレスに交換します。
   
   
   

  
☆ 2012年9月26日〜安曇野TさんベレGRドック入り その2 
前回の続きで〜す。  

 
左側のシャフトもこの様に外してジョイントを抜きます。 その前に???サイドブレーキのレバーがボルトで留めてあります。
これはいけませんね〜
確かスペアが有ったはずです。
 
 
以前に九州大牟田のOさんより頂いたスペアパーツを使いましょう。 デフオイルを交換しますが必ずと言って良いほどボルトはなめてますね。  
 
これは新品に交換しましょう。    
   
   

  
☆ 2012年9月26日〜安曇野TさんベレGRドック入り 
本日より信州安曇野のTさん所有45年式ベレGRが入院いたします。
小生、一応?本業がございますので休日を利用しての作業です。
今回は、マフラー交換・ドライブシャフトのジョイント交換・スピードメーター交換・キャブ、点火時期調整等・・・
ついでに、デフオイルも交換しフロント足回りも確認しましょう。
 

 
○ーグル製マフラー、クランプが入ってません。
これではポン付けは無理でしょ。クランプ6コ別調達。
 
 
意外とマフラー外しは大変です。経年劣化で固着して中々外れません。 これが今まで頑張っていたマフラー君、捨てずに取っておきましょう。  
 
続いてジョイントを外します。
ネジは、なめてレンチが掛かりませんのでバイスプライヤーで外します。
ここからが大変!いすゞ車はドライブシャフトを外さないとジョイントが抜けません。
当時でもハコスカ・510等ニッサン車はジョイントだけ外せるのに・・・・
また、ドライブシャフトを外すにはサイドブレーキ・ブレーキパイプも外すと言う整備性無視の作りです。 
 
   
右が外したジョイントで左が交換するジョイントです。
やはりガタがありました。
今後の進捗は随時更新いたしま〜す。
 
 
   

       
☆ 2012年6月15日〜エンジンオイル漏れ修理。♪
ベレットオーナーの皆様、以前にもチラットお話をしたG161Wエンジンの持病?の一つオイル漏れ。
今回の患者様は同じ長野県安曇野市よりTさんの45年式GTRです。
 

早速問診、拝見した所オイルシールからの漏れは無し、ギアケースとヘッドギアケースからのオイル漏れかとオイルパンフロント部分は大丈夫かと・・・。
と言うことで今回は、ブロックを残してヘッド・ギアケースカバーを外します。
このエンジン1.7リッター改との事ですがオイル漏れよりテンショナーの異音・ソレックスは何故かトヨタ純正(当時物の2TGか18RG用)リンケージもいすゞ用では有りません。
電磁ポンプはニスモ用をリターン無しで取り付けてあり?
だめ押しでブレーキタンクはアウディー用と意味不明な仕様になっております。
そこで、オイル漏れ修理以外に、キャブ交換・電磁ポンプ交換等々を一緒に行う事にします。
 
着手前に検証、ニスモ電磁ポンプがリターン無しで逆さに取り付けてあります。
意味が解りません。
このようにミツバ製に交換します。  
 
ソレックスはトヨタ純正88220図番ですので当時の2TG用ですね。
後ほど、S型40Φに交換します。
エアージェットは44Φ用が入ってます。?  
 
早速ヘッドを降ろす作業に取りかかります。 カムはノーマル、ポートもノーマルのまま。
オーナー曰く1750CCにボアアップしているとの事。
 
 
ヘッドを降ろしてブロックを確認???1.2番の間と3.4番の間が貫通してますね。 確かにピストン85.3oですから3.3oボアUP1713CCですか。  しかし良く観ると不自然?です。
ボア85.3oなのにヘッドガスケットは88.3o
このエンジン  加工屋さんとエンジンを組立た人の意思疎通が無いか組立た人が素人のどちらかです。
良く観るとピストンに約2o深さ1.8oのリセスが切ってあります。
 
 
と言う事は、加工屋さんはわざわざG161W用のヘッドガスケット仕様に加工してくれたのに、何故か特注でヘッドガッケットを作ったと言う?? しかもセカンダリーチェーンのダンパーが折れてチェーンに接触???
アイドリング不安定の原因はヘッドガスケットで、異音はこの仕業ですね。
オイル漏れ以前の問題です。
 
 
ダンパー左が正常品、右が付いていた物。 他にも、金属パッキン使用部分に紙パッキン?
素人仕事??
 
 
ブローバイもホースのみでしたのでフィルターを付けましょう。 一通り確認・修正しヘッドを乗せます。  
 
取りあえず完成。  異音も無くなりました。
後は、来週キャブ交換とクールフレックスにホース交換で完了です。
余りにもカムカバーが汚いので、小生のと交換しました。  
 
ブレーキタンクは軽自動車用を加工して取付。 シフトレバー(左)部分はご覧の通り経年で磨り減って
棒状になっております。
右のスポーツカーサービス製シフトレバーブッシュに交換致します。
 
 
続いて、油圧計が作動しないとの事でプレッシャースイッチを交換、配線確認したが作動せず、メーターを交換したら治りました。
付いていたメーター?ベレットオリジナルで無いようですね。
ハンドルはナルディーが付いていたがメーターが見づらいとの事で革を巻き替えてノーマルにしました。
やっぱ純正が1番かな。
 
 
次にソレックスを交換します。
トヨタ純正品を外します。
下が今回新たに取り付けるミクニS型40Φです。  
 
チョーク・リンケージ等を移植してから取り付けます。 またまたやってしまいました。
人の車を勝手にEARL’S化してしまいました。
 
 
殆ど自分の好みにしてしまいました。
祝!完成です。週末Tさんに引き渡しです。
 
♪♪♪♪